株式会社WORKTANKの関戸さんとは何者か

Webサイトを立ち上げて、お問い合わせ窓口を設けると、早速以下のようなメールを頂いた。

「件名: 成果報酬の料金は不要です。エンジニアのご提案 株式会社WORKTANKの関戸です。」
人事採用ご責任者様

いつもお世話になっております。
株式会社WORKTANKの関戸と申します。

……中略……

JAVA .net C++ Linux Oracle サーバー構築 ネットワーク等の
エンジニアが約5600名登録しておりますので、
何なりとお申し付けください。
……

この後、さまざまな経歴を持ったエンジニアの一覧が並ぶ。

まぁスパムだろうと思って流し読みしたけど、URLの記載は一切ない。というか、電話番号と住所しか書いていない。

この辺りでWORKTANKへの好奇心は止めることができず、案の定検索してしまった。

http://www.worktank.com/company/
worktankhome

なんというか、狭い。

横幅は600pxとのことで、昨今のディスプレイのワイド化や、レスポンシブデザインなんぞには安易に組みいらん、という強い意志を感じる。むしろ一周回って、スマートフォンのみに最適化しているのかもしれない。違うけど。

そして何より、この思わず脱力しそうなロゴ。

header1

逆にどんなツールを使ったのかが知りたい。手書きだろうか……

しかしよくよく見てみると、WORKTANK社は、なんとインターネット黎明期の1995年からIT専門の求人サイトを運営しているとのこと。
http://www.worktank.co.jp/stage/stage_index.html

95年といえば、Yahoo!が生まれた年、Googleが誕生する3年も前だ。ジェリー・ヤンもラリー・ペイジも、よもや日本にこんなアントレプレナーがいたとは想像だにしなかったろう。

このメールが実際にWORKTANK社から送られてきたのかは分からない。アドレスgmailだし。もしかしたら、競合他社の悪質な嫌がらせかもしれない。

今後、何かの機会があれば、一度この関戸さんにお目にかかりたいものである。

2017-11-03T13:56:54+00:002014年8月28日|Categories: 日々|

2 Comments

  1. 通りすがりの元人事 2015年10月6日 at 12:16 AM - Reply

    どうも。昔、そんな業界に居たものです。
    人材不足の折、藁をもつかみたい

    思いだった代を重ねているものと推定されますw
    5年くらい前、この企業を訪問したことがあります。

    社長はあまりガラのよくなさそうな男性。
    例の”関戸”氏はみたところ28~29くらいの
    さえないメガネかけた男性でした(しかも新人ポイ)

    一応名刺交換もしましたが・・
    おそらく、あの会社では対外的に無差別営業する際、
    ”関戸”の名前を名乗らせているのだと思います。
    現在の関戸氏が何代目なのか定かではありませんが
    J・SOUL・Bよりは代を重ねているものと推定されます。
    ご参考までに。では。

    ,

    • Version7 2015年10月14日 at 9:04 PM - Reply

      コメント頂きありがとうございます。
      そんな裏事情をご存知とは! 

      しかもJ・SOUL・Bより代を重ねているとはよもや想像しませんでした笑

      貴重な情報をありがとうございますw

Leave A Comment