文章を書けば書くほど、母国語が英語であればと思わされる

2015-08-16T23:29:46+00:002015年8月16日|Categories: コミュニケーション, 日々|

その善し悪しは置いといて、一応文章を書いて対価を頂く生活をしている。 そして当然ながら、それらのほとんどは日本語だ。ひたすら2バイト文字を叩いてスペースキーで変換する度に、あぁ母国語が英語であったらなと思うことがある。 それは親指が痛いからではなく、発信する先が常にインターナルであるという葛藤があるからだ。 絵やスポーツと同じで、文章も書くほど上達する。これは間違いない。自分に置き換えても、書く度にその練度は上がっているはずだ(そうでないとマズい)。しかしそうだとしたら、私が日々うまくなっているのは「日本語」という、世界で70人に1人しか理解できないニッチな言語であるというジレンマがつきまとう。どんな種目でもオリンピックに出て金メダルをとるのはすごいけども、どうせなら陸上100mで勝負をしてみたかった、というようなそんな気分である。 勉強すりゃいいだけだろ、というのは至極もっともな意見で付箋に書いてディスプレイに貼りたいくらいなのだが、しかし生まれた時からの母国語としているか否かの違いは、想像以上に厳然としてそこにある。私が今後どれだけ勉強して英語の文章力を上げていったとしてもそこには限界があり、努力ではどうしても越えられない壁がある。例えて言うなら、今からいくら練習してもプロ野球選手にはなれないのに近い。 たとえば山本周五郎が英語圏に生まれていたら、彼の作品はもっと多くの人に読まれていただろう。たとえばカズオ・イシグロがあのまま日本で育って作家になっても、もちろん素晴らしい作品を書いたろうが、今ほど世界中で評価されていないはずだ。確かに、原文より優れた翻訳や翻訳家がいるのは事実なのだけどもそれは別として、書き手が一文字単位で魂を込めて書いたり削ったりした文章を、多言語にすべて正確に再現できるとは私は基本的に思っていない。 なので、優れた日本人作家や文章家を見るたびに、この人が英語圏に生まれていたらどうなっていたろうと想像してしまう。もっと多くの人に読まれ、評価されていたのではないかと。作家にとってもっとも重要なのは感性やものの見方だろうが、その表現手段としての言語に何が使われても違いはないだろうから。 言葉や宗教、文化的背景が異なる人と接する際にもっとも重要なのは、自身のそれにどれほど造詣が深いかであると言われる。同じように、言語と文化は切り離せない関係にあるのは間違いない。日本人の感性は日本語でしか表現できないだろう。 しかし、Webの登場などで狭くなった世界の中で、言語を単純な伝達手法、「記号」としてのみ捉えるのであれば、最大派閥に加わることで被るデメリットはほぼない。確かにその分ライバルも増えて競争は激しくなるかもしれないが、はじめから競技に参加していないのとはやっぱり違う。 結論、「英語の勉強は大事」ということをネチネチと回りくどく言っただけに過ぎず、こんな後ろ向きなことを表明したところで何の利も得ないしむしろ今後の仕事に響くのではないかとビクビクしているが、まぁそれはそれでいいのである。

女子力とGirl Power

2017-11-03T14:03:15+00:002015年1月31日|Categories: コミュニケーション, 日々, 経済・社会|

スパイス・ガールズが「Girl Power」という言葉を流行らせたのは90年代のことだったが、これを無理やり直訳すると「女子力」だろうか。メラニー・チズムの右肩にも「女力」というタトゥーがあったし。 ただ、スパイス・ガールズが言った「Girl Power」は、「(男や社会に頼らず)独立して生きていく女性」、といったようなフェミニズム的なスローガンだったが、日本語の「女子力」は、どちらかというと「女の子らしさ」とか、「かわいらしさ」という趣が強く、言ってしまえば「男に好かれる能力の高さ」といったような意味で、Girl Powerとはまるで正反対である。 スパイス・ガールズは日本でも非常に人気が出たけども、結局彼女たちが提唱したこの「Girl Power」という概念だけは、ごっそりと抜け落ちたように定着しなかった。 その代わりかは分からないが、「女子力」という言葉が定着してはや数年。今では年代を問わない共通語と言えるのではなかろうか。 そしてこの言葉が面白いと思うのは、むしろ女性が好んで使っているように見えるからだ。 「私って女子力ない」 「○○ちゃんは女子力高いよねぇ~」 というような感じで。 これを紐解いていくと、日本の性差別につながる根の深い問題なのかもしれないけども、日本の女性は、そういった「女性らしさが重視される社会」という共通認識に対しやや斜に構えて、アンチテーゼ的な姿勢をちょっと遊んでいるような感じもある。この発言自体が女性差別だと気分を害される方もいるかもしれないけども、もちろんそんなつもりはなくて、そういった「場を支配する空気に対する自虐を楽しむ」みたいな日本の独特の文化は、結構面白いなと思う。 では、Girl Powerに変わるような日本語があるかというと、単語としてはちょっと見当たらない。言葉がないというのは、一般的な共通認識を持てないからだと思うので、そういった言葉が生まれればいいなと思うし、そのうちそんな言葉すらも死語になるような時代が来ればとも思う。 何だかまとまらなかったが、まぁいいか。

mixi SNSにキリ番通知機能を追加

2014-10-29T00:48:05+00:002014年10月29日|Categories: コミュニケーション|

株式会社ミクシイは、運用するSNS「mixi」に新機能として「キリ番通知機能」を追加した。 「キリ番」とは「足あとの累計数がちょうどキリの良い数字に達する」の意味で、100番や777番などがそれに当たる。 キリ番を踏んだユーザーは「足あと帳」に「キリ番ゲット!」とコメントを書き入れなければならず、もし忘れた場合は、オーナーが日記上で「キリ番777は○○さんでした! ヽ(*´∀`)ノオメデト─ッ♪」と記載するか、プロフィール欄トップで激怒するまでが仕様。 発表された側は、何がおめでたいのかわからなくても「ありがとう」と答え、怒られたら謝るのがルールとなっている。 開発を担当した現会長の笠原健治氏は、「なんかゲームで儲かってるみたいだからドサクサ紛れに上書きした」と語り、「ソースはローカルにあったものを使っただけなので開発期間は5分」と語った。 ミクシイでは今後、 ・バトン日記 ・ログインが5分以内になっているのに日記を見ていない人を特定 ・CGIアクセスカウンター ・blinkタグ などの機能追加を予定しており、「多分すぐに出来る」とのことだ。 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1410/28/news082.html

国内最大の謎コミュニティ 趣味人倶楽部とは

2014-10-07T07:00:20+00:002014年10月7日|Categories: コミュニケーション|Tags: |

現時点で最も利用頻度の高いSNSといえば、Facebookだろうと思います。それに対し、国産のSNSと聞いてすぐに思い出すのは(今はもうモンストの会社かもしれませんが)やはりmixiではないでしょうか。 しかし、会員数31万人ながら月間PV2億6千万と、mixiの3億4千万(2013年)に迫る利用率を誇るコミュニティサービスがあることはあまり知られていません。 それこそが、DeNAが運営する「趣味人倶楽部」です。 趣味人倶楽部は主に50代以上を対象としたSNSで、その年代の方には圧倒的なリーチを誇っています。その最大の特徴が、近畿日本ツーリストと組んでいることからもわかる通り、会員同士が実際に旅行に出かける点。これは開設当初からで、ネット上の閉じた世界ではなく、旅行やツアーに行くことを前提としたサービス作りをしていた印象があります。 そしてこの趣味人倶楽部、実際には中年世代の「出会い系サイト」だともいわれています。50代以上の世代が、ここでコミュニケーションした人と実際に出会い、男女として交際をはじめているのです。 それ自体何ら悪いことではありません。分別をわきまえた大人を対象としているのですから、むしろニーズをとらえたまっとうなサービスだと言えるのではないでしょうか。なにせ、50歳以上の女性の4人に1人は恋愛中なんですってよ! 国内最大級のおとな向け趣味交流サイト「趣味人倶楽部」『恋する川柳コンテスト』入賞作品を発表! 「うつり香は あばたえくぼの 華麗臭」 (60代・男性) 「なぜなんだ 「恋」と言う字が 「変」に見え」 (70代・男性) 「大好きと 書いちゃ又消す キーボード」 (70代・男性) 「気が付けば 初恋の味 薄くなり」 (60代・男性) 「好きだよと 聴いた気がした 空耳か」 (70代・女性) 70代男性がキーボードで「大好き」と書いちゃまた消す風景。いくつになっても恋愛はできるのだなと、清々しさに似た感情が湧いてきます。 ついでに、趣味人倶楽部の中身をちょっと覗いてみると、とてつもなく密度の濃いコミュニケーションが繰り広げられていることがわかります。 日記は秒単位で更新され、 http://smcb.jp/_pl00 Q&A掲示板には瞬く間に回答がつく。 http://smcb.jp/_qs00 その姿はまさに全盛期のmixiを彷彿とさせ、国産SNSにもまだこんなところがあったのかと、懐かしさと妙な感動を味わうことができます。 日本の人口は、50代以上がもう半分を占めようかというところまで来ています。SNSなどを楽しむのは主に20~30代であり、それ以上の世代は敬遠しがち、そもそも「シニア世代はパソコンやネットに弱い」という固定観念がありましたが、実はそうではなかったのです。 実は以前、某企業に勤めていた際、(結局実現には至りませんでしたが)同じようなコミュニティサイトを企画したことがありました。自分で企画したものの、一体何から手を付けていいか分からなかった私は、いきなり趣味人倶楽部のお問い合わせ窓口から担当の方への面談を申し込みました。今思えば、曲がりなりにも競合サイトを作ろうとしているのに、DeNAの担当の方は嫌な顔ひとつせず迎えて下さり、懇切丁寧にお話をしてくださいました。その節は、本当にありがとうございました。 その頃は「シニアコム」や「小僧SNS」というサービスがこのカテゴリを押さえていましたが、破竹の勢いで伸びてきた趣味人倶楽部があっという間にトップに立ち、収益化が難しいコミュニティサービスにおいて早々に黒字を達成してしまったことを鮮明に覚えています。 それにしても、日本の金融資産のほとんどは50代以上が握っているわけですが、やはり国内でビジネスとしてサービスを興すなら、この世代を狙うのはひとつの解なんだろうな、と思う次第です。 趣味人倶楽部