2016年の振り返り

2017-11-02T20:32:06+00:002016年12月29日|Categories: 日々, 経済・社会|Tags: |

なるなるとは聞いていたんですが、今年もやっぱり年の瀬になり、仕事納めや帰省でちょっとゆったりモードになりつつも、お正月の準備やらで慌ただしくもある、年末の東京っぽくなってきました。 今年も終わりということで、2016年を振り返って何か一筆残しておこうと思い立ったわけですが、普段ろくに更新しないくせに振り返りだけは毎年やるなと、自分は後ろ向きな人間なのかと思って履歴を辿ってみたら、去年は一切何も書いておらず、記憶力の減退を憂慮せざるを得ません。 今年はというと、何より法人化したことが最大のトピックです。2014年7月7日にフリーランスとして独立をし、いろいろな方にお世話になって何とか2年を過ごし、今年の同日に渋谷税務署に届け出を出した暑い夏の日は、おそらく生涯でも大きなターニングポイントとなることでしょう。 事業面では、引き続きさまざまなお仕事に関わらせて頂き、多くの素晴らしい方と出会えたことで充実したものとなりました。ここに御礼申し上げます。 一方で、世の中とは予想以上に魑魅魍魎が跋扈しているのだと思い知ったのも今年でした。これも私の経験不足がゆえなのですが、社会人となって以来、いわゆる東証一部といった大手企業にしか勤めた経験がなく、それら企業はもちろん新しいビジネスを興して業績を伸ばしていく側面はあるのですが、それと同じほど既存ビジネスの毀損を防ぐ、要するにコンプライアンス遵守に重きを置いており、「ヤバイこと」や「やっちゃいけないこと」に対し、経営陣やお偉方はもちろん、末端の社員も敏感だったというのがあります。 しかし自分が中小企業になってみて、このステージにいる人たちは「失うものがない」とばかりにイケイケドンドンなのだと思い知りました。それも、ブラック企業よろしく社員に猛烈に働かせるとかいうレベルではなく、明らかに法律の隙間をぬって明確に人を騙しにいく、要するに限りなく黒に近いグレーな詐欺行為を働く企業が本当に数多く存在するのだと知りました。 多くの人が嫌う「ITのめんどくささ」を解消することは対価をもらうに値する価値だと思いますが、中には狡猾に金を奪いにいく集団が本当に多く存在していますので、皆さん本当にお気をつけください。私自身や会社が騙されたわけではないんですけども。 ミクロな視点ではそんなところですが、一方で世界に目を向けてみると、やはり印象深いのはイギリスのEU離脱(Brexit)と、ドナルド・トランプさんの当選ではないでしょうか。 世界中で行けない場所はないほど交通網が発達し、インターネットが時間と距離をゼロにし、世界中の人が多くの価値を共有できる日が来たのに、それがもたらしたのが、さらなる貧富の拡大と排他的な傾向というのは、皮肉以外の何ものでもない気がします。 ジェレミー・リフキンの『限界費用ゼロ社会』が出版されたのがちょうど1年ほど前で、これ自体は名著でお時間があればぜひオススメなのですが、リフキンさんが示唆する世界にたどり着く前に世界は違う圧力、貧しさによる民衆の蜂起だったりうねりだったりによって大きく変えられてしまいそうな、フランス革命のような何かが起こりそうな気配もあります。 特に今回のトランプさんの当選により、アメリカの国力(特に外交力)は弱まらずとも強まることはない、強めるわけにいかない状況に陥りそうで、そうなると間隙を縫ってロシアが台頭してくるのは目に見えており、必然的にシリアや中東問題はより解決困難になることを考えると、果たして世界情勢は良い方向に向かっているのだろうかという懸念が残ります。「そんなの知ったこっちゃねえよ」ってみんなが思ってるから今の状態があるのかもしれませんが。 話が壮大になりましたが、今一度自分の専門分野に戻ると、今年は「AI」と「VR」がホットなワードだったかなと思います。両者は来年以降もテック系の中心にいるでしょうし、動画マーケットなど含め拡大することは間違いないわけで、何とかその大きな渦潮の中にかじりついていきたいなとは考えております。 振り返ると言いつつ未来、かつ漠然とした話ばかりとなり、まさに便所の落書きと相成りましたが、とにかく言いたいことは今年もありがとうございました、来年もよろしくお願いします、ということです。

裁判で争われているのは、そのほとんどが「心」の問題だという話

2016-04-03T19:41:33+00:002016年4月3日|Categories: 日々, 経済・社会|Tags: |

先日、とある方と食事した際に出た話題。 私は、「裁判」というと「有罪か無罪か」をテーマに議論していると認識していた。報道などを通じて触れる裁判の世界も、多くは冤罪や、現行犯に近い形で逮捕され、傍目からでも有罪がほぼ間違いないと思われる凶悪犯の話題が多い。 もちろんそれはメインではあるものの、しかし実際の裁判の現場で争われるのは「心」の問題だという。 砕けた表現を使えば、「やったかやってないか」は大方の場合で決まっており、明らかな証拠が揃っている中で「やってない」と言い張ることはほぼないらしい。 では裁判とは何をする場かというと、大抵が「やったけどわざとじゃない」という点を争うのだそうだ。 たとえば殺人事件なら、「殺したか殺してないか」ではなく、「殺したけど殺そうとは思ってなかった」と主張することがほとんどで、これが認められれば減刑される。「どれだけ減刑させられるか」が弁護士の手腕であり、その逆が検察官のそれだ。 これはどんな裁判でも争われる重要な焦点だが、特に顔見知り間でのレイプが難しいそうだ。レイプというと、多くの場合女性が見知らぬ男に突然襲われるというケースを想定しがちだが、割合的には身内、配偶者や交際相手などからの被害が圧倒的だ。 内閣府男女共同参画局:男女間における暴力に関する調査 その上で、実際に裁判となると、原告側には「合意(和姦)だったか否か」が厳しく追求され、原告側が「合意ではなかった」という証拠を提出しなくてはならない。そう考えると、なんと約25%の女性がそのような経験を持つというのに、実際に裁判にまで至るのは極端に少ないのもうなずける。 たしかに、夫婦間のレイプを犯罪とするのは、素人目にも相当ハードルが高そうだと感じる。実際に、長年夫婦間のレイプが有罪として認められた判例で著名とされているのが、32年も前の昭和59年の広島での事件だ。これだって、内容をよく確認してみると、被告のDVから逃げた原告に対し、被告が友人とともに輪姦するという、事実であれば酌量の余地もない完全な犯罪である。 配偶者間での強姦を成立させた裁判例等 もちろん、これ以降にも有罪が成立したケースはあるだろうが、それ以上に、(レイプの場合ほとんどがその被害者であるという意味で)多くの女性は泣き寝入りしているのであろう事態は容易に想像がつく。 話が逸れたが、もし自分がこのような「心情」を争う事件の裁判員になったとして、有罪無罪を見極める自信はまったくない。心情的にはやはり弱い立場に加担してしまうだろうし、とはいえ無実の罪を着せるわけにもいかない。誰も見ていないセックスが合意だったか否か、が他人にわかるだろうか。 まぁこれは裁判員制度の問題ではなく、「人を裁くのも結局人だよね」ということに帰結するので、解決というか、誰もが納得する方法としては、100%絶対に間違いのないウソ発見器を作る、ということにしかならないだろうけども。

iPhoneロック解除問題で、FBIでも最良のソリューションを探すのに苦労するものなのか

2016-03-29T18:08:49+00:002016年3月29日|Categories: 経済・社会|Tags: , |

一部巷を賑わせている、iPhoneロック解除問題。簡単にまとめると、テロの犯人が使っていたiPhoneのロックを解除しろとFBIがAppleに詰め寄っている、というやつです。FBIとしては捜査のため、Appleとしては他のすべてのユーザのために互いの主張を譲ることはなく、「開けろ!」「イヤだ!」の繰り返しで遂に法廷闘争にまで発展しました。 しかし、FBIは突然「開ける方法見つけたからもういいわ」と言い残し裁判を放棄。結局セキュリティ関連会社のツールによってiPhoneを解除する、という方向に今日現在向かっています。 個人的にはApple側を支持してはいるけども、お互いの主張は共に理解できるところもあり、一概には判断しかねる問題です。ただ今回思ったのは、「FBIでも最適なソリューション探すのに時間かかるもんなんだ」ということ。 FBIといえば、世界中の情報が集まる場所でしょう。行ったことないので憶測ですが。そんなFBIの人が、ちょっとしたIT系の人に「iPhone開けたいんだけど」とか相談すれば、今回のCellebrite社(実際にここを使ったかは不明)くらい、すぐに分かりそうな気がするのだけど、そういうわけでもないのだろうか。 よく中小企業で「何故これだけのために、こんな大掛かりなシステム組み込んでんだ」という事例があって、まぁ間違いなくベンダーにうまく言いくるめられたんだろう。そういう詐欺に近いやり口は本当になくしたいなと思うんだけど、やはりそこには「じゃあ何が最良のソリューションなのかわからない」という壁がある。しかし、FBIのような組織でもそういったことがあるのかと思うと、世の中すべてがそうやって回ってるんだろうなというちょっとした絶望感も禁じ得ない。 だって、Cellebrite社にいくら払ったかは知らないけども、間違いなくAppleとの訴訟費用ほどではないでしょう。1,500ドルくらいかもという報道もあるし。 それともあれかな。そこまで全部織り込み済みで、「Appleは協力もしないし、セキュリティもザルだし、しょーもねーな」という印象操作をしたいのかな。FBIは。でも何の得もないもんな。

SMAPは解散して、YouTuberになってくれないかな

2016-01-17T00:45:46+00:002016年1月17日|Categories: 日々, 経済・社会|Tags: |

事実は知らないので、一連の報道を全部鵜呑みにした前提だが、SMAPのメンバーが事務所を辞めたいということで揉めているらしい。 誰が辞めて誰が辞めないのかはどうでもよい。また、別々の事務所になることでSMAPという名称やグループ活動ができなくなることも致し方ない。 しかしもし事務所を辞めた場合、全力で各方面に圧力をかけ、エンタメの世界から抹殺しようとしているという報道が事実だとしたら、なんというヤクザ稼業か。 芸能の世界には「興行師」をはじめ、そっちの人たちが幅を利かせているのは事実だろうが、それにしたってやり方が不味すぎないだろうか。これが一般の企業なら、たとえば社員が競合他社に引き抜かれたとして、そのせいで個人的に圧迫を与えたりしたらほぼ犯罪だろう。 それだけ芸能の世界が狭いということかもしれないが、とにかくそんな慣習がまかり通っているような業界は普通ではない。 だからSMAPはもう解散して、解散しなくてもいいんだけど、テレビをはじめとした魑魅魍魎渦巻く世界を飛び出し、ネット配信とかで活動したらいいのにと思う。彼らほどの人気があるのなら、おそらく今と同じかそれ以上の対価も稼げるだろう。 日本のテレビ業界や芸能事務所のしがらみの中で器用に泳ぎ回らなくても、実力だけで勝負して結果を残せる世界が既にある、ということを彼らが示してくれたなら、日本のエンタメ界全体にとってもいいことなんじゃなかろうか。

「最初はグー」がもたらす経済的損失

2015-10-20T23:06:59+00:002015年10月20日|Categories: 日々, 経済・社会|

重ね重ね思うに、ジャンケンというのは素晴らしい発明である。Wikipediaによると、その誕生は19世紀後半と意外と浅いものの、これから何世紀を経ても、それがなくなるとは思えない。 まず評価できるのが、その公平性だ。基本的に、手の平さえ動けば誰でもこの勝負に参加可能。容姿や富、体力や政治力など、ジャンケンの前では無力だ。人間が高度に進化し、頭髪や体毛がなくなって、よしんば指が6本や10本になったとしても、グーチョキパーの形態は失われないだろう。 たとえ、何らかの理由で手が使えない場合も、声や足、なんだって代用できる。ジャンケンの機能性の真髄はそこにはないのだ。 ジャンケンが真に美しいのは、「三すくみ」という様式である。わずか三種類の「手」は、明確な強弱属性を持ち、完璧なバランスを保っている。 しかし、実際の勝負を行うにあたり、これが完全に運に委ねられるかというとそうでもない。「二手前はグー。一手前もグー…… となると、次にグーを出す確率は……」。ジャンケン中の脳では、そんなヒリヒリする思考活動が繰り広げられているのだ。そうは言っても、突き詰めていけば結局運ではないか。いやしかし…… この堂々巡りである。ジャンケンは深い。 その素晴らしきジャンケンに対し、しかし近頃気になることがある。それは「最初はグー」という慣習に対してである。 あなたはここ最近ジャンケンをしたろうか。その時、「最初はグー」と言わなかったろうか。今一度、胸に手を当てて考えてみて欲しい。本当に「最初はグー」は必要なのかどうかを。 現代のジャンケン事情を鑑みるに、「最初はグー」はジャンケンとほぼセットだと言って良い。いきなり「ジャンケン……」とやろうものなら、「最初はグーでしょ!」と怒られかねない始末だ。そんなことはどうでもよい。ただジャンケンをしたいだけなのに。 くだらない話だと吐き捨てたくなる気持ちはわかる。私もそう思う。最後まで何の結論もない。 しかしこれは、日本人の思考能力の衰えが生まれる可能性において、意外と重要な問題かもしれない。ジャンケンの醍醐味は「ジャン、ケンッ……」というコンマ何秒の間に思考を巡らせるところにある。相手の性格、クセ、生まれ育った環境、価値観、恋愛観、血液型、兄弟何人いるのか、芸能人で言うと誰に似てると言われるか、初デートにはどんな所に連れて行ってもらいたいのか……そんな数多くの要素を取捨選択しては、3種類の手から1つを選択する高度な思考活動だ。 ここまでのことを一瞬で考えるわけだから、脳への負担は尋常でない。その面で「最初はグー」をクッションとして入れたい気持ちは重々理解できる。 しかしどうですか。それによって、我々の反射的思考力はどんどん衰えていませんか。人間は、放っておく楽な方に傾いていきますよ。すぐタクシー乗っちゃうし。 我々はそろそろ、ジャンケンのたびに発生する「最初はグー」の1秒あまりが、無為な時間であることを認識すべきだ。人生であと何回ジャンケンをするか分からないが、その積み重ねは3、4年になるはずである。これはもうちょっとした懲役だ。人生は短い。一生のうち3年を「最初はグー」と過ごして、果たして君はいいのか。

女子力とGirl Power

2017-11-03T14:03:15+00:002015年1月31日|Categories: コミュニケーション, 日々, 経済・社会|

スパイス・ガールズが「Girl Power」という言葉を流行らせたのは90年代のことだったが、これを無理やり直訳すると「女子力」だろうか。メラニー・チズムの右肩にも「女力」というタトゥーがあったし。 ただ、スパイス・ガールズが言った「Girl Power」は、「(男や社会に頼らず)独立して生きていく女性」、といったようなフェミニズム的なスローガンだったが、日本語の「女子力」は、どちらかというと「女の子らしさ」とか、「かわいらしさ」という趣が強く、言ってしまえば「男に好かれる能力の高さ」といったような意味で、Girl Powerとはまるで正反対である。 スパイス・ガールズは日本でも非常に人気が出たけども、結局彼女たちが提唱したこの「Girl Power」という概念だけは、ごっそりと抜け落ちたように定着しなかった。 その代わりかは分からないが、「女子力」という言葉が定着してはや数年。今では年代を問わない共通語と言えるのではなかろうか。 そしてこの言葉が面白いと思うのは、むしろ女性が好んで使っているように見えるからだ。 「私って女子力ない」 「○○ちゃんは女子力高いよねぇ~」 というような感じで。 これを紐解いていくと、日本の性差別につながる根の深い問題なのかもしれないけども、日本の女性は、そういった「女性らしさが重視される社会」という共通認識に対しやや斜に構えて、アンチテーゼ的な姿勢をちょっと遊んでいるような感じもある。この発言自体が女性差別だと気分を害される方もいるかもしれないけども、もちろんそんなつもりはなくて、そういった「場を支配する空気に対する自虐を楽しむ」みたいな日本の独特の文化は、結構面白いなと思う。 では、Girl Powerに変わるような日本語があるかというと、単語としてはちょっと見当たらない。言葉がないというのは、一般的な共通認識を持てないからだと思うので、そういった言葉が生まれればいいなと思うし、そのうちそんな言葉すらも死語になるような時代が来ればとも思う。 何だかまとまらなかったが、まぁいいか。

日本は「家族間くらいでしか殺人が起きない」し「ガンくらいでしか死なない」国

2017-11-03T14:00:44+00:002014年11月13日|Categories: 経済・社会|Tags: |

興味深い記事を見たので感想を書きます。 殺人の半分が親族間で行われてる国で一家団らんとか夢見すぎ 「家族は近くで住むべきであると政府が推奨する」ことを批判するのはまったくおかしくないのですが、その根拠が「近親間での殺人事件の割合」であることが妙な感じです。 日本における殺人事件の件数は年々減少しており、 画像出典:社会実情データ図録 去年、初めて1,000件を下回ったと話題になりました。 殺人事件、戦後初めて1000件下回る 13年警察庁まとめ 今やその発生率は下から数えた方がはるかに速いほど、極めて低くなっています。 資料:GLOBAL NOTE 出典:UNODC その上で、近親間での殺人の「割合」が増えてきたのは、それ以外の理由での殺人事件が減ったからです。 言い換えれば、「家族間くらいでしか殺人事件が起きなくなった」ということですね。それは、日本が豊かになりお金のために人を殺すことが減ったのが大きな理由だと思われます。 確かに、ぱっと見ると「日本は近親間での殺人が多いのか! なんて家族の仲が悪い国民性なんだ!」と思いがちですが、全体の数字を俯瞰すると違う側面が見えてきます。 同じ状況に、「ガンは怖い。日本人の死因の○%以上がガン」という言説がありますが、一方で平均寿命はこの50年でガンガンに伸びているので、これは、他の病気がほとんど治るようになってきて、もうガンくらいでしか死ななくなってきた、ということです。 この記事は、数字を一面的に捉えると、正確な判断を見失うという好例だと思われます。

ハロウィンは日本でなぜ定着したのか

2014-10-31T01:41:03+00:002014年10月31日|Categories: 経済・社会|

今日10月31日はハロウィンということで、しかも金曜日ということもあり、おそらく今夜は六本木や渋谷が大変な騒ぎになるのだと思います。 四六時中お金と女性のことしか考えていない私としては、マクロ的に見ればイベントが増えて国内の景気が上向きになって大歓迎だし、ミクロ的に見れば特に何も予定がないので忌々しい気分になるのだろうという気はしています。 それにしてもすっかり定着しましたね。 数日前から街では仮装の人をかなり見かけますし、何の違和感もなく「あぁ、ハロウィンか」くらいにしか思わなくなりました。 広まったきっかけについては、ディズニーランドが仮装パーティーを始めたからだとかいう話もありますが、それは結構前の事で、急激に広まったのはここ4,5年という肌感覚がありますので、ちょっと違うように思います。 ではなぜだろうかと思いを馳せると、結局はマス媒体がを喧伝したからだろうな、ということしか思い浮かばないのが情けないところです。 ただ土用の丑の日よろしく、市場を作り出すマーケティングは長期的に見てとても素晴らしいことで、単純に楽しみが増えて、経済活動が活発になるのならとても健全と言えるのではないでしょうか。 そして、日本のハロウィンが特徴的なのは大人が仮装をして街を練り歩いてどんちゃん騒ぎをする、という部分のみ広まった点です。 海外だって大人も仮装をしますが、とはいえ本来はあくまで子どもがお化けの格好をして大人が驚いてあげるイベントの色が強く、しかしその部分はまったくもって広まっていないというのは大変面白いと思います。 ただ、日本独自の季節のイベントとというのは、お正月、七五三、こどもの日、運動会、そして最近の恵方巻きに至るまで、割と「家族」向けのイベントが多いように思われ、そんな中、特に大人向けイベントとして定着している、クリスマス、バレンタインデー、ホワイトデーなどは要するに色恋沙汰に関わるもののみで、よく鑑みると「友達同士」で公然とこの日はバカをやっても良い、みたいなのが成人の日くらいしかなかったのではないか、という気はします。 「ハロウィンはリア充の祭典」という定義にはまったくもって同意しますが、それは恋人関係のベクトルではなく、友達方向でのそれとして、もしかしたら今まであまりなかった種で、広告代理店関係の人はその辺うまいことついてきやがったな、という気はします。 おそらくこのハロウィン市場は、今後数年は勢いを増すばかりなのだろうと確信していますし、明日の夜忌々しい気分になるのも確信しています。

いくつかの社会的モラル問題が、東京の交通事情に起因してることについて

2014-10-13T20:41:16+00:002014年10月13日|Categories: 経済・社会|Tags: , |

最近特に目につくようになった、妊婦さん問題やベビーカー問題。 「マタニティマーク」妊婦が権利振りかざしている? 「着けるのが怖い」の声も http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1410/10/news046.html ベビーカーで電車、3割が「迷惑」 大型化で摩擦増加 http://www.nikkei.com/article/DGXBZO13161940Q0A820C1WZ8000/ それに、いつまでたってもなくならない痴漢問題。 こういった話が出てくると、必ず「昨今の日本人のモラルの低下だ!」みたいになりがちですが、単純に「満員電車がひどくなければ、そんなに起きないんじゃね?」という気がしてなりません。 これら諸問題は、もし東京の交通の便がもっと良かったら、あるいは東京にもっと人が少なかったら発生すらしておらず、わざわざモラルの低下とか、思いやりの欠如とかに昇華される大仰なことではなく、実はすごく単純な原因があるのではないでしょうか。 「いや、これはもっと議論され解決されるべき、根本的な人間性の問題だ」としたい人もいると思いますが、ものすごく狭い部屋に数人の人間が監禁されたら同じような状況になるはずで、そうすると、こういうのは「起こらなくてもいい問題」だと言えます。   とはいえ、東京の電車が朝も夜もガラガラになるというのは考えづらく、まず不可能でしょう。 ではどうすればいいのかと思考ゲームをすると、フレックス制や在宅勤務を推進する、という案が一つあります。 しかし、何となくうまくいってません。 富士通、シャープ、キャノン、(旧)三洋、NECなど、名だたる大手企業がフレックス制を廃止してしまいましたし、一番推進しそうなIT系でもその動きは鈍いです。 ヤフーもやめたでしょ。「ノマド」「在宅勤務」を禁止する理由 http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20141003/418462/ これついてはいろいろな方に話を聞いていて、残業代の抑制が目的ではなど出てきますが、大局を占めるのは「大多数の時間帯に合わせることが結局一番効率がいい」が真理っぽいです。 それによって経済活動の合理化とか、さまざまな問題が解決されているのでしょうが、前述のような弊害も出ている、という解釈ができるでしょうか。   そうなると、結局解決する方法は「もっと線路を増やす」ことくらいしか現実的になさそうで、なんだか相当時間が掛かりそうで滅入ります。 あーあとはあれですかね、タクシーの料金規制をなくすとか。 下限の料金が国で決められているというのは、色んな理由があるかもしれませんが、やはりおかしい気がします。 ニューヨークのタクシーが安いのは、移民を採用しているからだ、という意見がありますが、 http://www.sankei.com/politics/news/140718/plt1407180035-n1.html タクシーにかぎらず、経済に健全な競争原理が働かないと、長期的視野では、日本人が移民として他の国に出稼ぎする日が近づくだけではないでしょうか。