楽天メソッドが世界進出している件と、表音文字と表意文字の違いによる広告手法

2017-11-03T14:05:31+00:002016年8月10日|Categories: EC, Webサービス|Tags: , |

Web、特にECを生業としている人なら一度は聞いたことがあるワード、楽天メソッド。ひとことで言うなら、強烈に縦長の商品ページ、です(参照:小鳥ピヨピヨ)。 大きな画像、原色を基調とした色づかい、極太フォントなどで構成され、肝心の購入ボタンが最も探しにくいという、ECの根底を揺るがすようなデザインのことです。 常識的に考えれば廃れていくはずですが、この潮流は一向に変わることなく、むしろスタンダードとしてすっかり定着しました。 このデザインを評して、「海外では考えられない」という意見があります。たしかに海外のLPは、ページの要素はとにかくコンパクトに、CTA(Call to Action=購入)ボタンは目立つようにと指南されています。 この日本と海外の違いについては、いろいろ考え方がありますが、個人的には表音文字と表意文字の違いも大きいだろうと考えています。日本語(漢字)は文字がそのまま意味を持ち、絵や写真としての役割も果たします。たとえば「熊」という文字は、それ1文字だけで「bear」以外の何者をも示しません。 一方で英語は表音文字であり、文字が組み合わなければ意味をなしません。基本的に、「b」という文字は「b」という文字以外の何も示しておらず、「b」「e」「a」「r」という4文字が揃ってはじめて「熊」という意味を持ちます。 従って、英語をはじめとした表音文字において、何かをテキストで伝えようとするとその数は膨大になるため、表音文字圏の広告は自然と文字が少なくなった、という理由です。 と、もっともらしいことを語ってはみたものの、それが崩れているのではないかというのが今回の主旨。 業務上、Wordpressなどのテーマ販売サイトをよく見るのですが、以下は、世界で最も使われているテーマの1つでもあるAvadaのページです。   スクロールお疲れ様でした。 右側部分にCTAボタンがあるため、厳密には楽天メソッドとは違いますが、メイン部分は伝説のカステラに勝るとも劣らない縦長さ。 今のところ、頻繁にこのようなページを見ることはありませんが、もしかしたら楽天メソッドはこのまま世界標準化してゆくのではないかという懸念、もとい兆候を若干感じています。 こうなると、はたして人間工学的にどんな優位性があるのか、MITあたりに分析してもらう必要があるのではないかとやや真剣に思います。

ECzine様で連載を開始しました

2017-11-03T14:05:18+00:002016年5月13日|Categories: EC, お知らせ|Tags: , , |

本日より、翔泳社さまのECzineにて連載を開始させて頂きました。 リマケ、ウェブ接客、カゴ落ち 顧客の動線別に見る、コンバージョン率改善のソリューション 翔泳社さまではMarkeZineに続き2媒体目となります。編集長の倭田様には大変お世話になりました。この場をもって御礼申し上げます。 引き続き、何卒よろしくお願い致します。

イー・ショッピングの思い出とAmazonの勝因

2014-11-09T22:43:59+00:002014年11月9日|Categories: EC|Tags: , |

まだ日本にAmazonがなく、楽天も始まったばかりだった頃、私は「イー・ショッピング」というサービスを頻繁に使っていました。 これは、ネットで注文した本をセブン-イレブンで受け取れるという、当時としては画期的なサービスで、以来、街の本屋さんに行くことががっつり減ったことをよく覚えています。 もちろん、それ以前にも通販は存在していましたが、流通にセブン-イレブンの商品を運ぶトラックを使うことで送料が無料というのも、とても魅力的だったのです。 その後社名が変わり、取り扱う商品も増えていきましたが、使うことはどんどん減っていきました。 イー・ショッピングでも、一定額以上なら自宅への送料も無料になったし、その点では楽天やAmazonに分があったとは思えません。 それは、品揃えが極端に悪かったというのが最大の理由です。 新刊の本こそまぁまぁ揃っていたものの、検索して探した本はほとんど在庫切れであり、皮肉なことに、利用者が増えれば増えるほどその在庫切れが目立つという、日に日に使えないサービスになっていってしまいました。 しかし今考ればそれは十分まともな判断で、売れ筋でない商品の在庫を抱えるなど普通はしません。 今でこそ(今でもないけど)「ロングテール」などともてはやされていますが、「世界中のすべての本を揃えたい」といって在庫をかき集めたAmazonの策は、常識的に考えれば愚策であったと思うのです。 それでもなぜAmazonが成功したのかというと、アメリカにおいては、その広大な土地によるインターネットショッピングの利便性の相乗効果が考えられますが、日本においては、既存の流通との相性が良かったのが大きいと思います。 完璧に合理化された発送基地を一箇所に集中し、すでに高度に発達していた日本の流通網を味方につけたAmazonは、セブン-イレブンという、すでにインフラと言って良い強力な母体を持ったサービスを凌駕し、あっという間に日本の小売業を変えてしまいました(楽天はまた別の方法でしたが)。 紆余曲折のあったイー・ショッピングですが、今でも「セブンネットショッピング」として頑張っています。Amazonを追い越す日が来るかどうかは分かりませんが、個人的には、セブン-イレブンのセブンミールサービスとは相性がいいのではないかな、と思います。