商号を株式会社に変更しました

2016-07-18T12:29:45+00:002016年7月18日|Categories: お知らせ|Tags: |

去る2016年7月7日、商号を個人事業主から株式会社に変更致しました。 振り返りますと、個人事業主として独立したのがちょうど2年前。屋号にどうしても「7」という数字を付けたかったため、縁起かつぎに7月7日に目黒税務署に開業届けを出したあの日。とっても暑かったのかどうかは忘れましたが、何となく覚えています。 そして2年後の同じ日、今度は法務局に書類を提出し、帰りに奮発して青山のまい泉で一番高いカツ丼を食べたことは、おそらく2年後も何となく覚えていることでしょう。 ここに至ったのも、出会った皆さまのおかげと感謝しつつ、恩返しできるようこれからも頑張っていきたいと思う所存です。 とはいえ急に社員が増えることもなく、基本的には今までと同じことをしながら、事業の拡大をしていくつもりです。七転び八起きの2年間でしたが、より多くの失敗を繰り返しながら、少しずつでも進んでいければと殊勝なことを書き記したいと思います。 ほとんど個人ブログだったこの場も、これからは企業っぽいことを書くべきかなと思いつつ、元々ろくに書いていないのでまぁ成り行きだなという気もします。 というわけで、今後ともよろしくお願い致します。

ECzine様で連載を開始しました

2017-11-03T14:05:18+00:002016年5月13日|Categories: EC, お知らせ|Tags: , , |

本日より、翔泳社さまのECzineにて連載を開始させて頂きました。 リマケ、ウェブ接客、カゴ落ち 顧客の動線別に見る、コンバージョン率改善のソリューション 翔泳社さまではMarkeZineに続き2媒体目となります。編集長の倭田様には大変お世話になりました。この場をもって御礼申し上げます。 引き続き、何卒よろしくお願い致します。

MarkeZineで連載を開始しました

2016-01-18T20:21:58+00:002016年1月18日|Categories: お知らせ|

本日より、翔泳社さんのMarkeZineさんにて連載を開始させていただきました。 <a href="http://markezine visit their website.jp/article/detail/23548" target="_blank">ついに日本上陸。バイラルメディアの代名詞「BuzzFeed」がもたらすものとは   テーマは、Webサービスの海外トレンドで、主に海外で流行しているサービスの解説や、日本への影響などについて書ければなと思っております。 MarkeZineさんといえば、Webの、特にマーケティングをやる人の間で知らない人はいないほどのメディアであり、連載を持たせてもらうということは大変誉れ高きことと受け止めつつ、大きな責任も感じている次第です。 今後共、こういった形で360度全方位に媚を売って生きていきたいと考えておりますので、何卒よろしくお願い致します。

ギズモードにライターとして参加させて頂くことになりました

2017-11-02T18:16:58+00:002014年12月4日|Categories: お知らせ|Tags: |

以前、ITmediaでブログ連載を始めさせて頂きましたが、この度、機会を頂いてギズモード・ジャパンにライターとして参加させて頂くことになりました。 http://www.gizmodo.jp/2014/06/gizmodo_staff_2014.html ライターと言っても翻訳なので、自分の意見とかを表明しているわけではないのですが、初めて書かせていただいた「私がiPhone 6を捨て、5sに出戻りしたワケ」という記事がとても反響が大きかったようで、今話題の人の褌サービス「Gunosy」にも取り上げらるなど、多くのRTやいいね! をいただいたようです。 こうなると、訳者の私自身はXperia派なんてことも中々言い出しづらく、はてブでは「ゴミ記事」というタグをつけられ、しまいには転載された「エキサイトニュース」の記者名の箇所に「渡邊徹」と文章解析され自動リンクを貼られるなど、これはもう郁恵ちゃんと結婚しなければという事態になっております。 この機会に、編集者の方にプロの(ギズモードの)文章を叩きこまれ、大変勉強になりました。 それに、やはりここまで影響力の強い媒体で記事を書かせてもられることへの感謝と、大きな責任を肝に銘じていきたいと思っております。 何卒よろしくお願い致します。

フーラーに有料作品が投稿できる機能を追加しました

2014-11-30T22:16:09+00:002014年11月30日|Categories: お知らせ|Tags: |

運用している、投稿型コミュニティサイト「フーラー」に、有料の作品を投稿できる機能を追加しました。 このサービスを作った一番のきっかけは、才能を持った人がもっと自由にお金を得られる仕組みを作りたい、と思ったことです。 私は大学4年生の頃、とあるテレビ制作会社に内定をもらっており、当時のレコード大賞や結構な有名番組にアルバイトではありますが参加させてもらいました。 テレビの世界はもちろん華やかで、今考えても中々できない経験をたくさんさせてもらったのですが、体力的なハードさは本当に想像を絶するほどでした。 3日3晩寝ない、みたいな生活を初めてしましたし、「立ったまま気を失う」という体験をしたのもあとにも先にもあれが最後です。 同僚には、局に泊まりこみ、本当に3ヶ月間家にまったく帰っていないという奴もいました。 テレビの世界はクリエイティブな才能が必要なことはもちろんなのですが、その前に「体力」がないとその土俵にも上げてもらえない世界でした。 そしてそのせいで、志半ばで去っていく人を多く見てきました。 私の場合はそれが原因ではないのですが、結局内定を断り、ハドソンというゲーム会社にゲームのシナリオライターとして入社することになったのです。   まぁどんな世界でも体が資本であることに変わりはないのですが(ネット界隈もなかなかやばい)、例えば何らかの事情で外に出られないけど創造的な能力に長けている、という人も絶対にいるはずで、それが「体力」みたいなまったく異なる要素が重視される世界でしか展開されていないとなると、実は本当にいいものってまだまだ世の中に出ていないのではないか、と思っています。   作者の方への還元を自動化できておらず、しばらくは私の口座に振り込んでいただく形になりますが、売上はすべて作者の方に責任をもってお渡しますので、是非ご利用になってみてください。  フーラー 報酬について  有料作品の購入方法

投稿型コミュニティサイト「Furor.jp(フーラー)」をリリースしました

2014-09-28T15:00:04+00:002014年9月28日|Categories: お知らせ|Tags: |

本日、投稿型コミュニティサイト「Furor.jp(フーラー)」をリリースしました。 http://furor.jp/   これは、テキストによる投稿型コミュニティサイトですが、「モノをテーマに物語を作る」ことを主題にし、作品中に必ず市販の商品を登場させることを決まりとしています。その商品をメインに物語を展開しても、小道具として一瞬だけでも、登場の仕方は問いません。 そして当サービスでは、作者に収益を還元する仕組みを導入しました。 作中に登場した商品にamazon.co.jpのアフィリエイトリンクを作成し、そこからのアフィリエイト収益はすべて作者に還元します。   このサービスを作ったきっかけは、僕自身が物書きを目指していたこともあり、同好の士というか、自分の作品や表現を形にし、できればそれを生業としたい人が多くいること、そしてその中には十分な才能がある人も結構いることを感じていたのが大きいです。 一昔前なら、そういった人たちが陽の目を見るチャンスは、文壇だったり雑誌だったりしかなく非常に狭き門だったわけですが、インターネットの力を使って、そういう人が認められ、生活の糧を得られるような仕組みがあればいいな、と考えていました。   それともう一つは、個人的に「プロダクトプレイスメント」という手法に注目しており、今後この広告手法が広がっていくのではないか、と感じているからです。 テレビは録画が当たり前となり、CMはスキップされることが前提となった今、従来のTVCMには限界が来ていると感じています。 そんな中、作品中に商品を登場させてPRする手法が、ここ数年、主にハリウッド映画などで急激に活発になってきています。 例えばTVドラマのシナリオで、薬を毒殺に用いる描写をしたらスポンサーの製薬会社からクレームが入った、などという話は枚挙に暇がありません。 だったら逆に、物語の中に商品なりブランドなりを登場させて、それは画面に映っているだけでも重要なキーアイテムとしてでもいいのだけど、それで一つの話を作ればいいんじゃないか、ということはずっと思ってて、商品開発をしているメーカー側も悪意的に描かれさえしなければ損しないし、書く方も何かひとつ縛りがあった方が断然書きやすかったりするし、これって意外とみんなWin-WInなんじゃないか、とずっと思っていました。   なので、サラリーマンをやめて自分で何かを始めるとしたら真っ先にやりたかったことのひとつであり、今年の8月中旬から開発を始め、思った以上に時間がかかってしまったけど、ようやくリリースにこぎつけました。     PCからでもスマホからでも登録・閲覧が快適にできるよう設計したつもりです。 現時点ではテキストによる物語のみですが、ゆくゆくは、動画や絵などにも広げられたらなと思います。   まだまだ至らぬところも多いですが、皆さんに楽しんでいただけるものにしたいと思っています。 http://furor.jp/

ITmedia マーケティングで連載を開始しました

2017-11-02T18:16:59+00:002014年9月16日|Categories: お知らせ|Tags: |

ご縁をいただき、ITmedia マーケティングの「マーケター通信」にて、ブログを書かせていただくことになりました。 コミュニケーションとマーケティングとオレとオマエと男と女と酒 みんなマジメなところだとついフザケてしまう「蛭子病(えびすやまい)」が発症し、おふざけネーミングをしてしまったため、絶対NGだろうと思ったら即OKしてくださいました。 これはもう、ITmediaの人は全員神様の生まれ変わりか何かに違いないので、一生ついていくことにします。 このブログとの切り分けが難しいところですが、何となく感覚的に分けていきたいと思います。 よろしくお願い致します。