自分の動きが俊敏でないことを知っているおばあちゃん

2015-09-14T23:50:56+00:002015年9月14日|Categories: 日々|Tags: , |

帰り道、家の近くのコンビニに寄った。ビールやら何やらをカゴに入れてレジに向かうと、おばあちゃんが会計をしているのが見えた。 おおよそ70代くらいだろうか。名前は知らないけども、小さいショッピングカートみたいな、スーツケースの簡易版みたいなのを手にしていた。僕はそのおばあちゃんを何度かその店で見かけており、そのカートがないとうまく歩けないのであろうこと、そしてそれをとても気にしており、周囲にとても気を遣う人だということを知っていた。 予想通り、会計を終えてもカートに商品を詰めたり移動することに少し時間がかかってしまう。おばあちゃんは焦りながら、後ろに並んでいる僕に、少し苦い笑顔で何度も「ごめんなさいね」と謝る。 すると、僕が並んでいたことに気づかなかった人が、おばあちゃんの次にスッとレジに入ってしまった。おばあちゃんはそのことに気づき、「すみません、ごめんなさい」とまた何度も謝った。今度は笑顔でなく、真顔で。 おばあちゃんの動くスペースを作ろうと少し離れて立っており、棚の死角に入っていたため、その人は別に悪くない。実際、レジ打ちをしていた店員さんが一瞬こちらに目配せをした時、その人も「あっ」というような表情をしたのだ。 しかしその一部始終を感じ取っていた別の店員さんが機転を利かせ、すぐに他のレジを開けてくれたおかげで、何事もなくすべては終結した。 登場人物の誰も悪くない。しかし、誰も得しなかった。全員がそれなりに他人のことを思って行動したのに、結局一番優しく周囲に気を配っていたおばあちゃん一人を傷つけてしまった気がして、なんだか切ない。 昔、松葉杖をつきながら荷物を持つのに難儀していた人を見かけて、思わず「持ちましょうか、杖」と言ってしまった人を見かけたことがあるが、優しさを発露するということはとても難しいものだと改めて感じた。

いくつかの社会的モラル問題が、東京の交通事情に起因してることについて

2014-10-13T20:41:16+00:002014年10月13日|Categories: 経済・社会|Tags: , |

最近特に目につくようになった、妊婦さん問題やベビーカー問題。 「マタニティマーク」妊婦が権利振りかざしている? 「着けるのが怖い」の声も http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1410/10/news046.html ベビーカーで電車、3割が「迷惑」 大型化で摩擦増加 http://www.nikkei.com/article/DGXBZO13161940Q0A820C1WZ8000/ それに、いつまでたってもなくならない痴漢問題。 こういった話が出てくると、必ず「昨今の日本人のモラルの低下だ!」みたいになりがちですが、単純に「満員電車がひどくなければ、そんなに起きないんじゃね?」という気がしてなりません。 これら諸問題は、もし東京の交通の便がもっと良かったら、あるいは東京にもっと人が少なかったら発生すらしておらず、わざわざモラルの低下とか、思いやりの欠如とかに昇華される大仰なことではなく、実はすごく単純な原因があるのではないでしょうか。 「いや、これはもっと議論され解決されるべき、根本的な人間性の問題だ」としたい人もいると思いますが、ものすごく狭い部屋に数人の人間が監禁されたら同じような状況になるはずで、そうすると、こういうのは「起こらなくてもいい問題」だと言えます。   とはいえ、東京の電車が朝も夜もガラガラになるというのは考えづらく、まず不可能でしょう。 ではどうすればいいのかと思考ゲームをすると、フレックス制や在宅勤務を推進する、という案が一つあります。 しかし、何となくうまくいってません。 富士通、シャープ、キャノン、(旧)三洋、NECなど、名だたる大手企業がフレックス制を廃止してしまいましたし、一番推進しそうなIT系でもその動きは鈍いです。 ヤフーもやめたでしょ。「ノマド」「在宅勤務」を禁止する理由 http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20141003/418462/ これついてはいろいろな方に話を聞いていて、残業代の抑制が目的ではなど出てきますが、大局を占めるのは「大多数の時間帯に合わせることが結局一番効率がいい」が真理っぽいです。 それによって経済活動の合理化とか、さまざまな問題が解決されているのでしょうが、前述のような弊害も出ている、という解釈ができるでしょうか。   そうなると、結局解決する方法は「もっと線路を増やす」ことくらいしか現実的になさそうで、なんだか相当時間が掛かりそうで滅入ります。 あーあとはあれですかね、タクシーの料金規制をなくすとか。 下限の料金が国で決められているというのは、色んな理由があるかもしれませんが、やはりおかしい気がします。 ニューヨークのタクシーが安いのは、移民を採用しているからだ、という意見がありますが、 http://www.sankei.com/politics/news/140718/plt1407180035-n1.html タクシーにかぎらず、経済に健全な競争原理が働かないと、長期的視野では、日本人が移民として他の国に出稼ぎする日が近づくだけではないでしょうか。