不動産屋さんも物件をネットで探しているような気がする件

2015-10-13T21:09:10+00:002015年10月13日|Categories: Webサービス, 日々|Tags: |

最近、不動産物件を探す機会がかなり多い。ネットで条件を入力し、気になる物件があれば不動産屋さんに問い合わせる、というごく普通の流れである。 一昔前は、不動産屋さんがネットに載せているのはほんの一部で、いい物件は隠し持っているなんていう噂があった。もっと言えば、掲載しているものは実は存在せず、店舗に引き寄せるためのエサだなんて噂もあった。 しかし実際にはそんなことはない。ほぼすべての物件は内見できる。 一発でいい物件が見つかるなんて中々ないので、当然断ることになる。そうすると、不動産屋さんは決まって「条件を教えてもらえればお探しします」という。まぁそりゃそうだ。 しかしその後に送られてくる情報というのが、ほぼ100%すでに見ているものだ。探しているエリアや条件をかなり絞っており、各大手不動産サイトに登録しているせいかもしれないが、それにしても「これとっくに見たよ」の繰り返しだ。 プロが見ているのがまさか検索サイトではないだろうけども、少なくともデーターベースは同じなのではなかろうか。タイムラグがあるとしたら、大家さんから仲介依頼が来てそのDBに登録する間くらいか。ましてや、不動産屋さんだけが見られるヒミツの情報なんてものは存在しない気がする。隠してたところで、何も得しないし。 もし本当にそうだとしたら、今回のように、条件が明確に決まっていてネットで日々確認できる余裕がある人にとっては、不動産屋さんを介す意味が、部屋の鍵を開けてくれるだけになってる感がある。 もちろん、個人がいきなり大家さんに「部屋見たいから鍵貸してください」というわけにもいかないから、不動産屋さんは必要だろう。しかし、「部屋を荒らさない」とか「合鍵を勝手に作って住んじゃわない」とかいう担保さえ握れれば、貸主と借主が直接やり取りする方が手間の面で有利だ。検索も内見も勝手にやるから手数料は半額、とかがあれば、不動産屋さんもビジネスの幅が広がるはずだ。立ちいかなくなるところもあるだろうけど。 さすがに不動産は高額だから契約の障害も高いだろうが、たとえばFacebookの友だちの友だちなら簡単な契約でいいよ、とかになる日が来ないだろうか。いろいろ法律が厳しいのかな。