About Version7

This author has not yet filled in any details.
So far Version7 has created 34 blog entries.

日本は「家族間くらいでしか殺人が起きない」し「ガンくらいでしか死なない」国

2017-11-03T14:00:44+09:002014年11月13日|Categories: 経済・社会|Tags: |

興味深い記事を見たので感想を書きます。 殺人の半分が親族間で行われてる国で一家団らんとか夢見すぎ 「家族は近くで住むべきであると政府が推奨する」ことを批判するのはまったくおかしくないのですが、その根拠が「近親間での殺人事件の割合」であることが妙な感じです。 日本における殺人事件の件数は年々減少しており、 画像出典:社会実情データ図録 去年、初めて1,000件を下回ったと話題になりました。 殺人事件、戦後初めて1000件下回る 13年警察庁まとめ 今やその発生率は下から数えた方がはるかに速いほど、極めて低くなっています。 資料:GLOBAL NOTE 出典:UNODC その上で、近親間での殺人の「割合」が増えてきたのは、それ以外の理由での殺人事件が減ったからです。 言い換えれば、「家族間くらいでしか殺人事件が起きなくなった」ということですね。それは、日本が豊かになりお金のために人を殺すことが減ったのが大きな理由だと思われます。 確かに、ぱっと見ると「日本は近親間での殺人が多いのか! なんて家族の仲が悪い国民性なんだ!」と思いがちですが、全体の数字を俯瞰すると違う側面が見えてきます。 同じ状況に、「ガンは怖い。日本人の死因の○%以上がガン」という言説がありますが、一方で平均寿命はこの50年でガンガンに伸びているので、これは、他の病気がほとんど治るようになってきて、もうガンくらいでしか死ななくなってきた、ということです。 この記事は、数字を一面的に捉えると、正確な判断を見失うという好例だと思われます。

イー・ショッピングの思い出とAmazonの勝因

2014-11-09T22:43:59+09:002014年11月9日|Categories: EC|Tags: , |

まだ日本にAmazonがなく、楽天も始まったばかりだった頃、私は「イー・ショッピング」というサービスを頻繁に使っていました。 これは、ネットで注文した本をセブン-イレブンで受け取れるという、当時としては画期的なサービスで、以来、街の本屋さんに行くことががっつり減ったことをよく覚えています。 もちろん、それ以前にも通販は存在していましたが、流通にセブン-イレブンの商品を運ぶトラックを使うことで送料が無料というのも、とても魅力的だったのです。 その後社名が変わり、取り扱う商品も増えていきましたが、使うことはどんどん減っていきました。 イー・ショッピングでも、一定額以上なら自宅への送料も無料になったし、その点では楽天やAmazonに分があったとは思えません。 それは、品揃えが極端に悪かったというのが最大の理由です。 新刊の本こそまぁまぁ揃っていたものの、検索して探した本はほとんど在庫切れであり、皮肉なことに、利用者が増えれば増えるほどその在庫切れが目立つという、日に日に使えないサービスになっていってしまいました。 しかし今考ればそれは十分まともな判断で、売れ筋でない商品の在庫を抱えるなど普通はしません。 今でこそ(今でもないけど)「ロングテール」などともてはやされていますが、「世界中のすべての本を揃えたい」といって在庫をかき集めたAmazonの策は、常識的に考えれば愚策であったと思うのです。 それでもなぜAmazonが成功したのかというと、アメリカにおいては、その広大な土地によるインターネットショッピングの利便性の相乗効果が考えられますが、日本においては、既存の流通との相性が良かったのが大きいと思います。 完璧に合理化された発送基地を一箇所に集中し、すでに高度に発達していた日本の流通網を味方につけたAmazonは、セブン-イレブンという、すでにインフラと言って良い強力な母体を持ったサービスを凌駕し、あっという間に日本の小売業を変えてしまいました(楽天はまた別の方法でしたが)。 紆余曲折のあったイー・ショッピングですが、今でも「セブンネットショッピング」として頑張っています。Amazonを追い越す日が来るかどうかは分かりませんが、個人的には、セブン-イレブンのセブンミールサービスとは相性がいいのではないかな、と思います。

「わがままボディ」という呼称について

2014-11-07T00:13:42+09:002014年11月7日|Categories: 日々|

「わがままボディ」という言葉がある。 なぜ興味をもったかというと、私が言葉の変化に関心があるからであって、今日山手線の中でそういった人を見かけたからでは決してない。 「わがまま」とは、言うまでもなくマイナス要素の強い言葉であり、曲がりなりにも、人を褒める際にはあまり使わない。辞典いわく、「自分勝手」と同義でさえあるという。 わがまま [名・形動]自分の思いどおりに振る舞うこと。また、そのさま。気まま。ほしいまま。自分勝手。「―を通す」「―な人」 [連語]《代名詞「わ」+助詞「が」+名詞「まま」》自分の思いのまま。 しかしここに「ボディ(バディでもよい)」という、プラスもマイナスもない単なる名詞を付け加えることで、言葉は強烈な意志を持ってこちらに向かってくる。 これは一体どういった算段か。 山手線の中で一点を見つめながら考えた。 「わがまま」とは通常、「人」に対して用いる形容動詞である。そしてここに大きな落とし穴があった。我々はこの常識にとらわれ、真実を見失っていたのだ。 この場合、「わがまま」なのは、その当事者では断じてない。適度にシェイプされた、スリムな体型を指してこの言葉を使わないように、わがままなのはあくまで意志を持たない「身体」を指すのである。 身体自体は意志を持たない。しかしそこには大きな変化が確実に存在し、しかもそれは持ち主ですらも抗えないほど激烈である。 そこに、我々は得体のしれない、奥深い趣を感じ取るのではなかろうか。 だからこそ、わがままというマイナスの言葉であっても、いやさ、マイナスであるからこそ、得も言われぬ魅力を感じとるのだ。 試しに言葉を変えて、「自分勝手」を使ってみよう。 「自分勝手ボディ(バディでもよい、むしろそっちのほうがいい)」 なんてこった。よりコクとまろやかさが増すではないか。 まるで一晩寝かせたカレーのように。まるでヴィダルサスーンのように、広がらないパサツカない。 その回答に達すことができた時、私は心の中で快哉をあげた。決して視線はぶらすことなく。 そして、このブログを始めたのはインバウンドを増やす目的であったのに、本当にこれでいいのかという思いを拭いきれない。

ハロウィンは日本でなぜ定着したのか

2014-10-31T01:41:03+09:002014年10月31日|Categories: 経済・社会|

今日10月31日はハロウィンということで、しかも金曜日ということもあり、おそらく今夜は六本木や渋谷が大変な騒ぎになるのだと思います。 四六時中お金と女性のことしか考えていない私としては、マクロ的に見ればイベントが増えて国内の景気が上向きになって大歓迎だし、ミクロ的に見れば特に何も予定がないので忌々しい気分になるのだろうという気はしています。 それにしてもすっかり定着しましたね。 数日前から街では仮装の人をかなり見かけますし、何の違和感もなく「あぁ、ハロウィンか」くらいにしか思わなくなりました。 広まったきっかけについては、ディズニーランドが仮装パーティーを始めたからだとかいう話もありますが、それは結構前の事で、急激に広まったのはここ4,5年という肌感覚がありますので、ちょっと違うように思います。 ではなぜだろうかと思いを馳せると、結局はマス媒体がを喧伝したからだろうな、ということしか思い浮かばないのが情けないところです。 ただ土用の丑の日よろしく、市場を作り出すマーケティングは長期的に見てとても素晴らしいことで、単純に楽しみが増えて、経済活動が活発になるのならとても健全と言えるのではないでしょうか。 そして、日本のハロウィンが特徴的なのは大人が仮装をして街を練り歩いてどんちゃん騒ぎをする、という部分のみ広まった点です。 海外だって大人も仮装をしますが、とはいえ本来はあくまで子どもがお化けの格好をして大人が驚いてあげるイベントの色が強く、しかしその部分はまったくもって広まっていないというのは大変面白いと思います。 ただ、日本独自の季節のイベントとというのは、お正月、七五三、こどもの日、運動会、そして最近の恵方巻きに至るまで、割と「家族」向けのイベントが多いように思われ、そんな中、特に大人向けイベントとして定着している、クリスマス、バレンタインデー、ホワイトデーなどは要するに色恋沙汰に関わるもののみで、よく鑑みると「友達同士」で公然とこの日はバカをやっても良い、みたいなのが成人の日くらいしかなかったのではないか、という気はします。 「ハロウィンはリア充の祭典」という定義にはまったくもって同意しますが、それは恋人関係のベクトルではなく、友達方向でのそれとして、もしかしたら今まであまりなかった種で、広告代理店関係の人はその辺うまいことついてきやがったな、という気はします。 おそらくこのハロウィン市場は、今後数年は勢いを増すばかりなのだろうと確信していますし、明日の夜忌々しい気分になるのも確信しています。

mixi SNSにキリ番通知機能を追加

2014-10-29T00:48:05+09:002014年10月29日|Categories: コミュニケーション|

株式会社ミクシイは、運用するSNS「mixi」に新機能として「キリ番通知機能」を追加した。 「キリ番」とは「足あとの累計数がちょうどキリの良い数字に達する」の意味で、100番や777番などがそれに当たる。 キリ番を踏んだユーザーは「足あと帳」に「キリ番ゲット!」とコメントを書き入れなければならず、もし忘れた場合は、オーナーが日記上で「キリ番777は○○さんでした! ヽ(*´∀`)ノオメデト─ッ♪」と記載するか、プロフィール欄トップで激怒するまでが仕様。 発表された側は、何がおめでたいのかわからなくても「ありがとう」と答え、怒られたら謝るのがルールとなっている。 開発を担当した現会長の笠原健治氏は、「なんかゲームで儲かってるみたいだからドサクサ紛れに上書きした」と語り、「ソースはローカルにあったものを使っただけなので開発期間は5分」と語った。 ミクシイでは今後、 ・バトン日記 ・ログインが5分以内になっているのに日記を見ていない人を特定 ・CGIアクセスカウンター ・blinkタグ などの機能追加を予定しており、「多分すぐに出来る」とのことだ。 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1410/28/news082.html

いくつかの社会的モラル問題が、東京の交通事情に起因してることについて

2014-10-13T20:41:16+09:002014年10月13日|Categories: 経済・社会|Tags: , |

最近特に目につくようになった、妊婦さん問題やベビーカー問題。 「マタニティマーク」妊婦が権利振りかざしている? 「着けるのが怖い」の声も http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1410/10/news046.html ベビーカーで電車、3割が「迷惑」 大型化で摩擦増加 http://www.nikkei.com/article/DGXBZO13161940Q0A820C1WZ8000/ それに、いつまでたってもなくならない痴漢問題。 こういった話が出てくると、必ず「昨今の日本人のモラルの低下だ!」みたいになりがちですが、単純に「満員電車がひどくなければ、そんなに起きないんじゃね?」という気がしてなりません。 これら諸問題は、もし東京の交通の便がもっと良かったら、あるいは東京にもっと人が少なかったら発生すらしておらず、わざわざモラルの低下とか、思いやりの欠如とかに昇華される大仰なことではなく、実はすごく単純な原因があるのではないでしょうか。 「いや、これはもっと議論され解決されるべき、根本的な人間性の問題だ」としたい人もいると思いますが、ものすごく狭い部屋に数人の人間が監禁されたら同じような状況になるはずで、そうすると、こういうのは「起こらなくてもいい問題」だと言えます。   とはいえ、東京の電車が朝も夜もガラガラになるというのは考えづらく、まず不可能でしょう。 ではどうすればいいのかと思考ゲームをすると、フレックス制や在宅勤務を推進する、という案が一つあります。 しかし、何となくうまくいってません。 富士通、シャープ、キャノン、(旧)三洋、NECなど、名だたる大手企業がフレックス制を廃止してしまいましたし、一番推進しそうなIT系でもその動きは鈍いです。 ヤフーもやめたでしょ。「ノマド」「在宅勤務」を禁止する理由 http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20141003/418462/ これついてはいろいろな方に話を聞いていて、残業代の抑制が目的ではなど出てきますが、大局を占めるのは「大多数の時間帯に合わせることが結局一番効率がいい」が真理っぽいです。 それによって経済活動の合理化とか、さまざまな問題が解決されているのでしょうが、前述のような弊害も出ている、という解釈ができるでしょうか。   そうなると、結局解決する方法は「もっと線路を増やす」ことくらいしか現実的になさそうで、なんだか相当時間が掛かりそうで滅入ります。 あーあとはあれですかね、タクシーの料金規制をなくすとか。 下限の料金が国で決められているというのは、色んな理由があるかもしれませんが、やはりおかしい気がします。 ニューヨークのタクシーが安いのは、移民を採用しているからだ、という意見がありますが、 http://www.sankei.com/politics/news/140718/plt1407180035-n1.html タクシーにかぎらず、経済に健全な競争原理が働かないと、長期的視野では、日本人が移民として他の国に出稼ぎする日が近づくだけではないでしょうか。

国内最大の謎コミュニティ 趣味人倶楽部とは

2014-10-07T07:00:20+09:002014年10月7日|Categories: コミュニケーション|Tags: |

現時点で最も利用頻度の高いSNSといえば、Facebookだろうと思います。それに対し、国産のSNSと聞いてすぐに思い出すのは(今はもうモンストの会社かもしれませんが)やはりmixiではないでしょうか。 しかし、会員数31万人ながら月間PV2億6千万と、mixiの3億4千万(2013年)に迫る利用率を誇るコミュニティサービスがあることはあまり知られていません。 それこそが、DeNAが運営する「趣味人倶楽部」です。 趣味人倶楽部は主に50代以上を対象としたSNSで、その年代の方には圧倒的なリーチを誇っています。その最大の特徴が、近畿日本ツーリストと組んでいることからもわかる通り、会員同士が実際に旅行に出かける点。これは開設当初からで、ネット上の閉じた世界ではなく、旅行やツアーに行くことを前提としたサービス作りをしていた印象があります。 そしてこの趣味人倶楽部、実際には中年世代の「出会い系サイト」だともいわれています。50代以上の世代が、ここでコミュニケーションした人と実際に出会い、男女として交際をはじめているのです。 それ自体何ら悪いことではありません。分別をわきまえた大人を対象としているのですから、むしろニーズをとらえたまっとうなサービスだと言えるのではないでしょうか。なにせ、50歳以上の女性の4人に1人は恋愛中なんですってよ! 国内最大級のおとな向け趣味交流サイト「趣味人倶楽部」『恋する川柳コンテスト』入賞作品を発表! 「うつり香は あばたえくぼの 華麗臭」 (60代・男性) 「なぜなんだ 「恋」と言う字が 「変」に見え」 (70代・男性) 「大好きと 書いちゃ又消す キーボード」 (70代・男性) 「気が付けば 初恋の味 薄くなり」 (60代・男性) 「好きだよと 聴いた気がした 空耳か」 (70代・女性) 70代男性がキーボードで「大好き」と書いちゃまた消す風景。いくつになっても恋愛はできるのだなと、清々しさに似た感情が湧いてきます。 ついでに、趣味人倶楽部の中身をちょっと覗いてみると、とてつもなく密度の濃いコミュニケーションが繰り広げられていることがわかります。 日記は秒単位で更新され、 http://smcb.jp/_pl00 Q&A掲示板には瞬く間に回答がつく。 http://smcb.jp/_qs00 その姿はまさに全盛期のmixiを彷彿とさせ、国産SNSにもまだこんなところがあったのかと、懐かしさと妙な感動を味わうことができます。 日本の人口は、50代以上がもう半分を占めようかというところまで来ています。SNSなどを楽しむのは主に20~30代であり、それ以上の世代は敬遠しがち、そもそも「シニア世代はパソコンやネットに弱い」という固定観念がありましたが、実はそうではなかったのです。 実は以前、某企業に勤めていた際、(結局実現には至りませんでしたが)同じようなコミュニティサイトを企画したことがありました。自分で企画したものの、一体何から手を付けていいか分からなかった私は、いきなり趣味人倶楽部のお問い合わせ窓口から担当の方への面談を申し込みました。今思えば、曲がりなりにも競合サイトを作ろうとしているのに、DeNAの担当の方は嫌な顔ひとつせず迎えて下さり、懇切丁寧にお話をしてくださいました。その節は、本当にありがとうございました。 その頃は「シニアコム」や「小僧SNS」というサービスがこのカテゴリを押さえていましたが、破竹の勢いで伸びてきた趣味人倶楽部があっという間にトップに立ち、収益化が難しいコミュニティサービスにおいて早々に黒字を達成してしまったことを鮮明に覚えています。 それにしても、日本の金融資産のほとんどは50代以上が握っているわけですが、やはり国内でビジネスとしてサービスを興すなら、この世代を狙うのはひとつの解なんだろうな、と思う次第です。 趣味人倶楽部

投稿型コミュニティサイト「Furor.jp(フーラー)」をリリースしました

2014-09-28T15:00:04+09:002014年9月28日|Categories: お知らせ|Tags: |

本日、投稿型コミュニティサイト「Furor.jp(フーラー)」をリリースしました。 http://furor.jp/   これは、テキストによる投稿型コミュニティサイトですが、「モノをテーマに物語を作る」ことを主題にし、作品中に必ず市販の商品を登場させることを決まりとしています。その商品をメインに物語を展開しても、小道具として一瞬だけでも、登場の仕方は問いません。 そして当サービスでは、作者に収益を還元する仕組みを導入しました。 作中に登場した商品にamazon.co.jpのアフィリエイトリンクを作成し、そこからのアフィリエイト収益はすべて作者に還元します。   このサービスを作ったきっかけは、僕自身が物書きを目指していたこともあり、同好の士というか、自分の作品や表現を形にし、できればそれを生業としたい人が多くいること、そしてその中には十分な才能がある人も結構いることを感じていたのが大きいです。 一昔前なら、そういった人たちが陽の目を見るチャンスは、文壇だったり雑誌だったりしかなく非常に狭き門だったわけですが、インターネットの力を使って、そういう人が認められ、生活の糧を得られるような仕組みがあればいいな、と考えていました。   それともう一つは、個人的に「プロダクトプレイスメント」という手法に注目しており、今後この広告手法が広がっていくのではないか、と感じているからです。 テレビは録画が当たり前となり、CMはスキップされることが前提となった今、従来のTVCMには限界が来ていると感じています。 そんな中、作品中に商品を登場させてPRする手法が、ここ数年、主にハリウッド映画などで急激に活発になってきています。 例えばTVドラマのシナリオで、薬を毒殺に用いる描写をしたらスポンサーの製薬会社からクレームが入った、などという話は枚挙に暇がありません。 だったら逆に、物語の中に商品なりブランドなりを登場させて、それは画面に映っているだけでも重要なキーアイテムとしてでもいいのだけど、それで一つの話を作ればいいんじゃないか、ということはずっと思ってて、商品開発をしているメーカー側も悪意的に描かれさえしなければ損しないし、書く方も何かひとつ縛りがあった方が断然書きやすかったりするし、これって意外とみんなWin-WInなんじゃないか、とずっと思っていました。   なので、サラリーマンをやめて自分で何かを始めるとしたら真っ先にやりたかったことのひとつであり、今年の8月中旬から開発を始め、思った以上に時間がかかってしまったけど、ようやくリリースにこぎつけました。     PCからでもスマホからでも登録・閲覧が快適にできるよう設計したつもりです。 現時点ではテキストによる物語のみですが、ゆくゆくは、動画や絵などにも広げられたらなと思います。   まだまだ至らぬところも多いですが、皆さんに楽しんでいただけるものにしたいと思っています。 http://furor.jp/

ITmedia マーケティングで連載を開始しました

2017-11-02T18:16:59+09:002014年9月16日|Categories: お知らせ|Tags: |

ご縁をいただき、ITmedia マーケティングの「マーケター通信」にて、ブログを書かせていただくことになりました。 コミュニケーションとマーケティングとオレとオマエと男と女と酒 みんなマジメなところだとついフザケてしまう「蛭子病(えびすやまい)」が発症し、おふざけネーミングをしてしまったため、絶対NGだろうと思ったら即OKしてくださいました。 これはもう、ITmediaの人は全員神様の生まれ変わりか何かに違いないので、一生ついていくことにします。 このブログとの切り分けが難しいところですが、何となく感覚的に分けていきたいと思います。 よろしくお願い致します。

ジョルテのサポートがすごい

2017-11-02T18:16:59+09:002014年9月7日|Categories: モバイル|Tags: , , |

スマホはAndroidをメインで利用しているのですが、先日、愛用している「ジョルテ」とGoogle Calendarの同期ができなくなった(原因は結局自分のミス)ので、Google Playを覗いたところ、とても驚きました。 ジョルテのサポートが、ほぼ100%、すべてのレビューに返信していたからです。 https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.johospace.jorte&hl=ja Google Playには、運営者がユーザーのレビューに返信できる機能が、2013年5月から追加されました。 http://android-developers.blogspot.jp/2013/05/all-google-play-developers-can-now.html しかし、おそらく多くの運営者は、これを歓迎しなかったのではないかな。。。と思います。 なぜなら、レビューへの返信はとてもコストがかかり、多くの場合、そのコストに見合ったリターンが望めないからです。 特にスマホアプリのように、 ・利用障壁が低い(簡単にインストール/アンインストールできる) ・競合が多い ・本や商品のように「好きだから買う」ということが少ない という性質をもつ製品は、不満をぶつける対象になりがちです。 「アップデートしたら動かなくなった」 「自分のスマホで動かないからクソアプリ」 開発者が最も欲しい情報はOSのバージョンや機種などですが、もちろん多くのユーザーはそんなことは伝えてくれませんし、特にその組み合わせが無数にあるAndroidにおいて、それらを想定し返信するのはとても骨が折れます。 そのため、運営者、特に大きな企業などは「あえて苦言を放置する」ことがあります。 酷評ばかりが並ぶアプリであれば別ですが(それは別の問題)、中にはもちろん、好意的なレビューもあるはずです。その中の1つである「苦言」は、放置してしまえば、言い方は悪いですが、「真偽の分からない、ただの1ユーザーのグチ」だと、他のユーザーに見せることが可能だからです。 なので、多くのサービスではバグ報告はオープンにせず、メールや問い合わせフォームで送る仕組みにしているのです。 そしてもちろん、他のアプリなどと比較し、的確な欠点を指摘してくるユーザーもいます。そういった指摘に対して謙虚に欠陥を認め、どうしてその仕様になっているかを説明することは、自分たちのプロダクトに相当な自信を持っていないとできません。 正直、ジョルテがこのコストに見合ったリターンが得られているかは難しいところだと思われます。レビューに返信されても、それを見ないユーザーがほとんどでしょう。 しかし少なくとも、その大変さが分かる立場の人間は、ジョルテのサポートに好感を持つだろうと思います。