今年を振り返って

2014-12-31T15:49:41+09:002014年12月31日|Categories: 日々|Tags: |

31日になってもまだ仕事をしている気がするけど、一応今年を振り返るポストを書いてみよう。 7月いっぱいで会社を退職しはや5ヶ月。月並みだけど、本当にあっという間だった。正直、7月以前にどんな仕事をしていたのかはあまり覚えていないが、それ以降は本当に克明に覚えている。 居ても立ってもいられなくなり会社を辞めてしまったけども、今のところは本当に良い結果になったと思う。毎日がこんなに充実していると思えたのは久しぶりだ。 ただ、今なんとかやっていけてるのは、何の収入のあてもない自分に声をかけてくださった方々のおかげ。自分の腕一本でビジネスを興すことを目指しているけども、まだとてもそんな状態とは言えない。 コネと言ってしまうとそれまでながら、今まで積み上げてきた関係の先に更なる発展があると考えると、本当に人とのつながりは重要だと思い知った5ヶ月だった。   現在、Version7としての業務は、主にコンサル、Web制作、執筆がメインとなっている。 正直、これは当初の想定とはちょっと違う。特に、執筆活動にこれだけ重きを置くことになるとは想像していなかった。というより、まさか自分がITmediaやギズモードで記事を書くことになるとは、予想もしていなかった。 中でも、特にギズモードでの仕事は始めてわずか1ヶ月ながらも、メディア運営という意味で多くの気づきを得られた。とても長くなるので、それはまた別の機会に書きたい。   サラリーマンを辞めた理由の一つとして、もっと深くインターネットに関わっていたいという気持ちがあった。私はモノづくりが好きだけれども、大企業になればなるほど(それが悪いというわけではなく当然のこととして)モノづくり以外の仕事をする必要がどうしてもある。 辞めてみて、望み通り深くインターネットに関わることができるようになったが、知れば知るほど、その海の広大さに嘆息せざるを得ない。当然ながら、すべてのことを超一流に突き詰めることは不可能なので、今後はより一層取捨選択を明確にし、できないことはできる人に思う存分頼り、その中で自分の強みはどこなのかを明確に打ち出していく必要がある。何かあった時に「これだったらアイツ」と思ってもらえるような何かを持たなければ、これから先は厳しいと思う。 独立し、単純にスゴイと思える人に大勢お会いできたのも、大きな収穫だ。 自分が思うスゴイ人の共通点は、やはり好きなものをひとつ持っていることである。いろいろ余計なことを考える前に、とにかくこれが好きでたまらなくてやってます、という人は絶対的に強い。それで社会的に成功しているかいないかは関係なく、そういう人は自信に満ちているし、人間的にも魅力的だ。そういった熱量に触れると自分にもよい影響があるので、今後もいろいろな方にお会いしたいし、自分も周りに対してそういった価値のある人間になれればと思う。   収益的には少し安定してきたけども、止まると死ぬマグロのような生活は、来年も、むしろこの道を選んでしまった以上、生涯続くことになるだろう。不安が襲ってくることもなくはないが、楽しみの方がはるかに大きい。今後も仕事を通して信頼して頂けるよう、丁寧さをとにかく心がけたい。   お世話になった方、本当にありがとうございました。来年もよろしくお願い致します。

伝説の一夜 オピント事件について

2017-11-03T14:02:18+09:002014年12月17日|Categories: モバイル, 日々|

今ではすっかり携帯キャリアの一角、むしろ強者として定着した感のある「Softbank」ですが、数年前までは「Vodafone」だったことを、皆さん覚えておいででしょうか。 そういやそうだったな、というくらい今では当たり前の存在になってしまったので、孫さんは本当にすごいなと思いますが、僕はやはり、あの日の夜を忘れることができません。 SoftbankがVodafoneを1兆7千億円というとんでもない金額で買収し、そのすべてのWebサイトを一夜にして変えねばならなかったあの伝説の一夜、「オピント事件」を……   私はその頃Yahoo!に在籍しており、いくつかのサービスを担当していました。 当時、Vodafoneでは「Vodafone live!」という独自のサービスを展開していましたが、これが「Yahoo! ケータイ」というものに変わることになりました。ケータイの物理ボタンに「Y!」というボタンがあったのは今となっては懐かしい限りです。 そのため、ヤフーの中でモバイル(今で言うガラケー)版のあるもの、つまりほとんどすべてのサービスは、ページ中の「Vodafone」の記述などを変更する必要があり、Softbankの担当者は、旧VodafoneのページすべてをSoftbank仕様に改編する必要があったのです。 何せVodafoneの買収は(少なくとも下々の人間には)急転直下でしたから、ほとんど時間がありません。もちろん他の仕事も抱える中、今考えても普通なら数週間かけてもいい程度の作業量を、1日で行うようにとの指令が下されたのです。   そして、VodafoneがSoftbankに切り替わるその日がやってきます。 エンジニアの方々は泊まり込みでの作業を余儀なくされました。私はディレクターというポジションだったため会社へ泊まったわけではありませんが、自宅にて、関連するページのチェックを行っていました。 幸いにも、Yahoo!チームのページは変更点がそれほど多くなかったこともあり、特に大きな問題は起きませんでしたが、Softbankのページで異変が起きてしまいました。 それは、Softbankの優位性を強調するための「ポイント」を説明するページでのこと。 一部に「オピント」という表記があったのです。   「ポイントは、500オピント毎に……」   一体なんだこれは。自宅でPCを見ていた私も一瞬考えましたが、しかし本当に一瞬で理由がわかりました。 これは、日本語で「poinnto」とタイプするところを、「opinnto」としてしまった、いわゆるタイポです。しかも、最初にちゃんと「ポイントは」と言っているのにも関わらず……(そして、なぜ「オピント」が正確にすべてカタカナで変換されたのかは、未だに謎とされています)。 それ以外にも、画像として使われた携帯電話がDoCoMoのものだったり、リンクミスが多発していたり、普通ならYahoo!やSoftbankのWebサイトでリンクミスがあれば重大な事故なのですが、とにかく、今となっては伝説の一夜となっています。 しかしもう一度言いますが、あの時のSoftbankチームは本当に大変だったと思います。今考えても、あれを1日でやるのはありえません。   「オピント」 今となっては笑えますが、何だか憎めない愛おしい響きです。

「わがままボディ」という呼称について

2014-11-07T00:13:42+09:002014年11月7日|Categories: 日々|

「わがままボディ」という言葉がある。 なぜ興味をもったかというと、私が言葉の変化に関心があるからであって、今日山手線の中でそういった人を見かけたからでは決してない。 「わがまま」とは、言うまでもなくマイナス要素の強い言葉であり、曲がりなりにも、人を褒める際にはあまり使わない。辞典いわく、「自分勝手」と同義でさえあるという。 わがまま [名・形動]自分の思いどおりに振る舞うこと。また、そのさま。気まま。ほしいまま。自分勝手。「―を通す」「―な人」 [連語]《代名詞「わ」+助詞「が」+名詞「まま」》自分の思いのまま。 しかしここに「ボディ(バディでもよい)」という、プラスもマイナスもない単なる名詞を付け加えることで、言葉は強烈な意志を持ってこちらに向かってくる。 これは一体どういった算段か。 山手線の中で一点を見つめながら考えた。 「わがまま」とは通常、「人」に対して用いる形容動詞である。そしてここに大きな落とし穴があった。我々はこの常識にとらわれ、真実を見失っていたのだ。 この場合、「わがまま」なのは、その当事者では断じてない。適度にシェイプされた、スリムな体型を指してこの言葉を使わないように、わがままなのはあくまで意志を持たない「身体」を指すのである。 身体自体は意志を持たない。しかしそこには大きな変化が確実に存在し、しかもそれは持ち主ですらも抗えないほど激烈である。 そこに、我々は得体のしれない、奥深い趣を感じ取るのではなかろうか。 だからこそ、わがままというマイナスの言葉であっても、いやさ、マイナスであるからこそ、得も言われぬ魅力を感じとるのだ。 試しに言葉を変えて、「自分勝手」を使ってみよう。 「自分勝手ボディ(バディでもよい、むしろそっちのほうがいい)」 なんてこった。よりコクとまろやかさが増すではないか。 まるで一晩寝かせたカレーのように。まるでヴィダルサスーンのように、広がらないパサツカない。 その回答に達すことができた時、私は心の中で快哉をあげた。決して視線はぶらすことなく。 そして、このブログを始めたのはインバウンドを増やす目的であったのに、本当にこれでいいのかという思いを拭いきれない。

株式会社WORKTANKの関戸さんとは何者か

2017-11-03T13:56:54+09:002014年8月28日|Categories: 日々|

Webサイトを立ち上げて、お問い合わせ窓口を設けると、早速以下のようなメールを頂いた。 「件名: 成果報酬の料金は不要です。エンジニアのご提案 株式会社WORKTANKの関戸です。」 人事採用ご責任者様 いつもお世話になっております。 株式会社WORKTANKの関戸と申します。 ……中略…… JAVA .net C++ Linux Oracle サーバー構築 ネットワーク等の エンジニアが約5600名登録しておりますので、 何なりとお申し付けください。 …… この後、さまざまな経歴を持ったエンジニアの一覧が並ぶ。 まぁスパムだろうと思って流し読みしたけど、URLの記載は一切ない。というか、電話番号と住所しか書いていない。 この辺りでWORKTANKへの好奇心は止めることができず、案の定検索してしまった。 http://www.worktank.com/company/ なんというか、狭い。 横幅は600pxとのことで、昨今のディスプレイのワイド化や、レスポンシブデザインなんぞには安易に組みいらん、という強い意志を感じる。むしろ一周回って、スマートフォンのみに最適化しているのかもしれない。違うけど。 そして何より、この思わず脱力しそうなロゴ。 逆にどんなツールを使ったのかが知りたい。手書きだろうか…… しかしよくよく見てみると、WORKTANK社は、なんとインターネット黎明期の1995年からIT専門の求人サイトを運営しているとのこと。 http://www.worktank.co.jp/stage/stage_index.html 95年といえば、Yahoo!が生まれた年、Googleが誕生する3年も前だ。ジェリー・ヤンもラリー・ペイジも、よもや日本にこんなアントレプレナーがいたとは想像だにしなかったろう。 このメールが実際にWORKTANK社から送られてきたのかは分からない。アドレスgmailだし。もしかしたら、競合他社の悪質な嫌がらせかもしれない。 今後、何かの機会があれば、一度この関戸さんにお目にかかりたいものである。

夏季における女子の布面積の低下傾向について

2014-08-26T21:49:34+09:002014年8月26日|Categories: 日々|

先日、仲間内で件の話題が持ち上がった。   「昨今の女子の布面積は年々低下傾向にあるけども、あれはなんだね。線維や紡績機が暴騰でもしているのかい。まぁまったくもって好ましい現象ではあるのだけど」 「概ね同意だね。あれは視線が定まらず非常に困るよ。私が困ることが好きでない性分だったら、一体どうしてくれるつもりだ」 と、男性全員がいたたまれない複雑な胸中を吐露したところ、たまたま居合わせた女史の強烈な反論を喰らうことになった。 いわく、 「あれは異性への開示を目的としたものではなく、あくまで自己発露によるものであるため、必要以上の凝視は適わぬ」 とのこと。   何言ってるのかよくわからなかったけども、とにかくぐぬぬ顔を晒すこととなってしまった我々おっさん一同は、しかし反論し、 「君ね、オスというものは、無意識であればあるほど、女性の胸部、臀部、腰骨、要するに全部に対するリピドーの開放を止められないのだよ。『見ない』ことこそ意識せずにはできぬ。その苦しさをご理解賜りたいものだね。くれぐれも、自重はしなくて構わないよ」 という、まさに全員が「我が意を得たり」と賛同する熱弁が飛び出したのだが、 「えっ…… キモい」 という、今まで議論に参加していなかった小娘による、きわめて短いセンテンスにより議題は終了した。   男女間の溝とは、かくも埋めがたい隔たりである。 そう改めて知った夏の日だった。 Forever Summer…

いろいろ始めるにあたり

2014-08-20T17:38:55+09:002014年8月20日|Categories: 日々|

自分で事業を始めることとなり、「やっぱこれからの時代はAuthorだよね♪ あとあれ、アナ雪」的なことも書いてしまったので、ブログを書こう。 これから、炎上とか、ブコメでdisられるなんてことも体験できるかもしれない。 本当は、こんなことしちゃったとか、あんなとこでしちゃったとかを書きたいけど、多分プラスにならないので、それははてなダイアリープラスでやるとして、そうなると自分に書けるのは、腰が痛いとかそういうことだけなので、人としての薄っぺらさは禁じ得ない。 急にわけわからなくなって、ライフハックまとめだすかもしれないし、情報商材のリンクを延々と貼って、壺とか勧めだすかもしれない。 今のところの自分の価値観としてはそういうことはやりたくないけども、まぁご飯食べないと痩せちゃうし、家賃払わないと大家さんに怒られるしな。それも人生だな。 というわけで、今後僕の人生が転げ落ちていくのか、そうでもないのか、知ってる方も知らない方もゲス顔で見ていてくれれば楽しいかもしれません。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。