music unlimitedとはなんだったのか

2015-07-16T22:22:56+00:002015年7月16日|Categories: Webサービス, モバイル|

AWA、LINE Music、そしてApple Musicなど、定額制音楽配信サービスが活気づいている。 しかし、みなさんは覚えているだろうか。というか、知っているだろうか。music unlimitedというサービスがあったことを。 これは、ソニーが2012年7月から提供していたサービスで、残念ながら2015年3月で終了してしまった。月額980円を支払うことで音楽が聞き放題になるシステムはAWAやLINE Musicとまったく同じで、それを3年も前から日本で始めていたのは今でもありがたいと思っている。 終了の理由として、Spotifyと共同で始めたPlayStation Musicへの移行が語られたが、残念ながら日本では利用できない。日本のレーベルも、速く新しいビジネスモデルに移行してくんねぇかなぁ~なんて鼻くそほじりながら待っていたら、先にAWAなどが始まってしまった、という感じである。 というわけで、ここ1ヶ月ほどAWA、LINE Musicを試してみた。音質も十分だし、見た目にも使いやすいのだけど、残念ながら物足りなさはあった。その理由は、やはり曲数にある。 Lineが100万曲、AWAは500万曲だということだが、music unlimitedの最盛期は3,000万曲を超えていた。music unlimitedで見つけ好きになったあの曲が、AWAにはやはりない。 その点で唯一対抗できるのはSoundCloudだが、いかんせんここはDJやコンポーザー的なユーザーが多く、ほとんどの曲がリミックスさ れている。それがサービスの魅力でもあるのだが、いくらかっこ良くアレンジされていたとしても、1リスナーとしてはオリジナルを聞きたいとい う欲求がやはりある。好きなミュージシャンのライブで、お気に入りの曲が妙にアレンジされていた時のちょっとしたガッカリ感みたいな。 料金が高いわけでもない、Walkmanの音質もよい、曲数も多い。ではなぜmusic unlimitedは終わってしまったのか。終わってしまった以上、ビジネス的に成功していなかったという前提で、理由を考えてみた。 ひとつは、邦楽がほぼ皆無であったという点。日本人は特に国内の音楽が好きで、海外ミュージシャンの人気はない。それがいいとか悪いとかではなく、現実としてそうである。 そこに問題意識を感じていたのか、後期には明らかに邦楽ミュージシャンの曲が増えてきたが、私が流行りに疎いせいもあるのか、とても一般顧客を惹きつける魅力があるラインナップには見えなかった。 Spotfyが日本で開始しないのは、無料会員制度があるからだと言われる。それに対し、ソニー(ミュージック)とエイベックスという、国内レーベルでも力を持った存在が首を縦に振らないからだそうだ。そういう意味では、AWAとLine Music双方に音源を提供したエイベックスは、日本でSpotfyが根付く前に、定額音楽配信サービスのパイをすべて奪っておこうという思惑があるのかもしれない。 そしてもう一つ、music unlimitedのアプリはひどかった。控えめに言っても、クソであった。私が使っていたWalkmanとの相性が悪かったのかもしれないが、10回起動して、まともに立ち上がるのは2,3回。数十分から1時間楽しむのに、一度もクラッシュしなかったのは10回に1回だった。 せっかくWalkmanというすばらしいハードがあるのに、ソフトは本当に壊滅的と言っていいレベルであったのだ。 サービスを開始するタイミングは、早すぎても遅すぎてもダメだと言われる。music unlimitedが早すぎたのか、日本には定額制音楽配信は根付かないのかどうかは、AWAなどの成功にかかっているか。