まだ日本にAmazonがなく、楽天も始まったばかりだった頃、私は「イー・ショッピング」というサービスを頻繁に使っていました。
これは、ネットで注文した本をセブン-イレブンで受け取れるという、当時としては画期的なサービスで、以来、街の本屋さんに行くことががっつり減ったことをよく覚えています。

もちろん、それ以前にも通販は存在していましたが、流通にセブン-イレブンの商品を運ぶトラックを使うことで送料が無料というのも、とても魅力的だったのです。

その後社名が変わり、取り扱う商品も増えていきましたが、使うことはどんどん減っていきました。

イー・ショッピングでも、一定額以上なら自宅への送料も無料になったし、その点では楽天やAmazonに分があったとは思えません。
それは、品揃えが極端に悪かったというのが最大の理由です。
新刊の本こそまぁまぁ揃っていたものの、検索して探した本はほとんど在庫切れであり、皮肉なことに、利用者が増えれば増えるほどその在庫切れが目立つという、日に日に使えないサービスになっていってしまいました。

しかし今考ればそれは十分まともな判断で、売れ筋でない商品の在庫を抱えるなど普通はしません。

今でこそ(今でもないけど)「ロングテール」などともてはやされていますが、「世界中のすべての本を揃えたい」といって在庫をかき集めたAmazonの策は、常識的に考えれば愚策であったと思うのです。

それでもなぜAmazonが成功したのかというと、アメリカにおいては、その広大な土地によるインターネットショッピングの利便性の相乗効果が考えられますが、日本においては、既存の流通との相性が良かったのが大きいと思います。

完璧に合理化された発送基地を一箇所に集中し、すでに高度に発達していた日本の流通網を味方につけたAmazonは、セブン-イレブンという、すでにインフラと言って良い強力な母体を持ったサービスを凌駕し、あっという間に日本の小売業を変えてしまいました(楽天はまた別の方法でしたが)。

紆余曲折のあったイー・ショッピングですが、今でも「セブンネットショッピング」として頑張っています。Amazonを追い越す日が来るかどうかは分かりませんが、個人的には、セブン-イレブンのセブンミールサービスとは相性がいいのではないかな、と思います。